<< 蹴球 | main | 投げにくいぜ、マイボール・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
100万ドル赤ちゃん
アカデミー賞・主要4部門受賞作品でもある
映画「ミリオンダラー・ベイビー」を観賞してきやした。

下手な演出は使わず、クリント・イーストウッド
モーガン・フリーマンといった役者陣の演技で魅せる・・・・・みたいな。

前半から中盤にかけては、名トレーナと女性ボクサーが
本物の家族以上に固い絆を築いていくまでの様子を描き、
そして後半は予想を超える凄まじい展開へ・・・・・みたいな。

試合のシーンの作りはチョット雑かなぁーと思ったけど、
シッカリした脚本と実力派の役者陣がコラボってんだから、
けっこー良い作品だったと・・・・・思うよぉ。グッド
カテゴリ:各種批評 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chikuwan.jugem.jp/trackback/140
トラックバック