スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
映画版 電車男
映画映画「電車男」をみてきました。
なぜなら、原作を読んでけっこー面白かったから。

感想ですが、予想以上に面白かったッス。グッド

お互いを「エルメスさん」・「電車男さん」なんて呼び合ってたけど、
特に違和感もなかったし、仮名で呼び合うよりはヨカッタと思ふ。

不覚にも途中で泣きそうになった場面もあったし。汗
(結局、泣かなかったけどネ)

ただ、エルメスってば話すときのトーンがほとんど変化しないから、
彼女自身の感情があんまし読み取れなくて、チョット違和感を感じますた。

まぁ、原作でも電車男からの報告内容を元に2chの住人や読者が
勝手なエルメス像を想像してたからねぇ。

ヘンにキャラクタを作ってしまうよりは、原作に忠実に行こう
・・・・・ってことですかな。

そういえば「ウォーターボーイズ」しかり「め組の大吾」しかり
「世界の中心で、愛をさけぶ」しかり、山田孝之が主演したドラマって
欠かさず見てる気がするわぃ。

P.S.
原作を読んでから映画を見たほうが、より楽しめると思いまふ。

たぶん原作を読まずに映画を見た人の中には、
所々(戦場のシーンなど)、イマイチ意味が判らなかった人も多いのでは?
カテゴリ:各種批評 | 22:00 | comments(1) | trackbacks(0)
100万ドル赤ちゃん
アカデミー賞・主要4部門受賞作品でもある
映画「ミリオンダラー・ベイビー」を観賞してきやした。

下手な演出は使わず、クリント・イーストウッド
モーガン・フリーマンといった役者陣の演技で魅せる・・・・・みたいな。

前半から中盤にかけては、名トレーナと女性ボクサーが
本物の家族以上に固い絆を築いていくまでの様子を描き、
そして後半は予想を超える凄まじい展開へ・・・・・みたいな。

試合のシーンの作りはチョット雑かなぁーと思ったけど、
シッカリした脚本と実力派の役者陣がコラボってんだから、
けっこー良い作品だったと・・・・・思うよぉ。グッド
カテゴリ:各種批評 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0)
映画鑑賞 etc.
ビナウォークにて、映画映画「交渉人 真下正義」を観賞。

ユースケ・サンタマリアが主演している映画が3つものスクリーンで
上映されまくっているとは、えらい出世したもんだなぁ。

内容の方はと言うと、そこそこ楽しめました・・・・・っが、
何気にスッキリしない終わり方してます。

それから、映画「催眠」からパクったと思われる仕掛けがあり、
「たぶん、こうなるんだろうなぁ」と思っていたら
ホントにその通りだったので、少しの優越感。グッド

その後は まっちゃ氏と昼食&カラオケ&パチ屋とハシゴ。
3週間で4回目のカラオケ屋ッス。  エヘヘ。

それからパチ屋では何年ぶりかにスロットに挑戦。
「北斗の拳」を打ってみたけど、よくわかんないまま
あっという間にお金が吸われていく始末・・・・・。冷や汗

ってことで、やっぱりパチの方が面白いやという結論に。
「CRフィーバーパワフル」を始めて打ったら4連チャン。拍手
でも結局、スロットの負け分が響きトータルではプラマイ0でちた。しょんぼり

あぁ、GW中はオイラの財布が大解放だよ・・・。
カテゴリ:各種批評 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0)
M-1寸評
M-1から一夜明けたところで、今大会の出場者を好き勝手に評価したろーっと。

【アンタッチャブル】
 今回の出場者の中で安定感は抜群。 優勝は妥当でしょう。拍手
 でも、昨年のネタの方が面白かった気がする・・・。

【南海キャンディーズ】
 このコンビは初めて見たけど、決勝ラウンドのネタは面白かったッス。
 今大会のサプライズですわ。
 まだ結成一年目ってことで、今後が楽しみ。グッド

【麒麟】
 敗者復活から最終決戦に進出。
 でも、優勝を狙うには足りないものが まだまだあるかなって感じ。しょんぼり

【タカアンドトシ】
 良くも悪くも正統派漫才。 でも高得点を狙うには もっと爆発力をつけないと。
 ちなみに、この二人のキャラってスゴイ中途半端だね。w

【笑い飯】
 期待してたけど、あのネタでは敗退も致し方なしか。悲しい
 昨年の「笑い飯」は、優勝した「アフットボールアワー」よりも面白かったのに・・・。

【POISON GIRL BAND】
 巨人でも阪神でもなく、最初から最後まで中日だけをネタに使うとは。びっくり
 そのチャレンジ精神に乾杯。
 独特の芸風は個人的には好きッス。

【トータルテンボス】
 テンポが一定過ぎたかなって感じ。 もっと変化をつけないと。
 この芸風で優勝を狙うには、チョット厳しい気がする・・・。しょんぼり

【東京ダイナマイト】
 コントは見たことあったんだけど、漫才を見るのは初めて。
 最初の30秒は不要だったね。
 でも、あの力の無いツッコミ方は結構好きかも。男

【千鳥】
 正直、ひとつも笑えなかった・・・。しょんぼり
 専門家の評価はいつも高いんだけど、今まで彼らの面白いネタを
 見たことがないんだよねぇ。
 是非、予選突破を果たしたネタを見てみたいッス。


最後に一言。
今大会は昨年よりレベルが落ちてると感じたッス。 う〜ん、残念。ショック
カテゴリ:各種批評 | 23:30 | comments(4) | trackbacks(0)
新語・流行語大賞
新語・流行語大賞

今年の流行語大賞が北島選手(水泳水泳)の「チョー気持ちいい 」に
決まりましたなぁ。
まぁ、オリンピック強しといったとこですか。

個人的には「気合だー!」か「ハッスル ハッスル」が獲るかなぁ
って思ってたんだけど・・・・・残念っ!ショック

ってか、いつの間にか12月に突入してるし。
1年が経つのは早いねぇ。
カテゴリ:各種批評 | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0)
紅白
<紅白歌合戦>出場歌手発表

近年は視聴率低下や、大物歌手の出場辞退が話題になってるけどさぁ・・・
歌と歌の合間にやる応援合戦的な グダグダでお寒いあのコーナーを
まずは何とかしなきゃダメでしょ。

あれに参加するのがイヤで、出場を辞退してる歌手も多いと思うのだが。汗

視聴料を律儀に支払っているオレ様の意見に耳を傾けてみやがれっ!>NHK
そして、視聴料を支払うに値する作品を提供してみろっ!>NHK
カテゴリ:各種批評 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
2004年11月23日(火)

映画映画「SAW」を観賞してきやした。

ツッコミ所は満載ながらも、ラスト数分間の畳み掛けるような
ストーリー展開とドンデン返しの連続には満足・満足。グッド

完全に視聴者の期待を裏切るようなラストだったので、
ついつい「マヂかよ」と苦笑いしてまった。汗
でも、そこまで裏切られると逆に清清しくもあり。w

久しぶりにヒットな作品に出会えたって感じ。
読書脚本がシッカリしてれば、低予算でもこれだけの作品ができるんですネ。
ちゃんと聞いてる?>スピルバーグさん

エグくて精神的にストレスの溜まるシーンもいくつかあったけど冷や汗
オススメな一本です。  是非、ご覧あれ!
カテゴリ:各種批評 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0)
堯福陰◆院─法!
ドラえもんの声が交代へ

カツオの声が変わったとき以上のインパクトだ!びっくり

なんだか寂しくなるねぇ・・・。悲しい
カテゴリ:各種批評 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(1)
らーめん批評
2004年11月20日(土)

ラーメン有名ラーメン店の「ZUND-BAR」に行ってきやした。

このお店に来るのは これが二回目。
前回は”鶏油(ちーゆ)らーめん”を食べてイマイチだったので、
今回は”しおらーめん”を注文。

味付けタマゴはごっつぃ旨かったけど、スープは薄いと言うか
弱いと言うか・・・・・チョット物足りなく感じますた。しょんぼり
オイラにコショーを使わせた時点で、お店側の負けだぜぃ!

それからオイラはやっぱり細麺があんまし好きじゃないことを再認識。
プラス100円して平打ち麺に変えてもらえばヨカッタ・・・。悲しい

さらにもう一言。
ラーメンの器がステンレス製ってのは味気なくて、違和感あるので
やめてほしいなぁ。

わざわざ七沢の山奥に行ってまで 食べるほどのものじゃないかなぁ
・・・ってのが、正直な感想ッス。
カテゴリ:各種批評 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(1)
久しぶりの映画鑑賞
2004年10月10日(日)

映画映画「ツイステッド」を見に行ってきました。
チケだけ先に購入しておいて、回転すしで昼食をとることに。

この店はさすがに100円寿司とは違って、ちゃんとした魚ネタを使ってらっしゃる。
「カ●パ寿司」で食べたウニに比べたら、月とスッポンだ。w

っで、映画のほうと言えば、恐ろしいくらいにハラハラ・ドキドキ感のない作品。
かと言って、ビックリするような謎解きがあるわけでもなく。
う〜む。 正直、眠りそうになっちった・・・。汗

その後は、いつものようにカラオケカラオケ&ゲームウイイレ対決。
ってか、まっちゃ氏のPS2よぉぉぉ!
何でオイラのメモリーカードを認識してくれないんだぁぁぁ!悲しい

P.S.
プレゼント誕生日プレゼントを、どーもサンキューねぇ!
早速、使ってまぁ〜す。
カテゴリ:各種批評 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/2PAGES |